トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

またまたYumingネタです、この頃はこれがお気に入りだったようです~「サーフボード直しににゴッデスまで」

2004年から書いている(一応)ギター・フォークBlog『アコースティックギター生涯の1本』、そこで書いた「東京観光案内」カテゴリーの記事を地域別に整理しながら記事再掲しています。

そのうち、タイトル通りの居酒屋・酒場情報が中心になる予定ですが、

今のところは罪のないhappy01東京観光スポットの訪問記が続いています。

この日もYumingネタで朝早くから茅ヶ崎へ向かったようです。“茅ヶ崎”、関西人にとってはなんとも魅惑の響きheart04なんですね、これが、まあ「一度は行ってみたかった」というミーハー根性です。

【2005年7月11日の記事】

暑いーーーー、熱帯の東京ですsun

昨日の日曜日は引き続き・・・ちょっと、かぶりすぎのような気もしたのですが・・・Yumingネタです。
朝8時、自転車を飛ばして東京駅へ、東海道線の快速で茅ヶ崎駅へ、1時間弱。海へ向かって徒歩約20分、茅ヶ崎東海岸、サーファーと烏帽子岩。

Photo_3

これだけでも、サザンネタでOKなんですが・・・“チャコの海岸物語”でしたっけ??

note烏帽子岩も見えるーーー

でも、、、Yumingネタなので、西へ歩いて、茅ヶ崎中央海岸辺りで海岸から離れて国道を越えると、ありました・・・

Photo_4

「ゴッデス」デス、
“天気雨”・・・ようできた曲です、「14番目の月」だっけ?あれ?「流線型’80」ですか?いかん、調べなおします。
歌詞はとりあえず、こんなんだったです。

noteサーフボード直しに ゴッデスまで行くと言った
note邪魔になるの知ってて 無理にここに来てごめんね

好きなフレーズは・・

noteきついズックの踵 踏んで私 前を行けば                              noteあなたは素足を見て ほんの少し感じるかも

当時の私にとっては妙にセクシーなビジュアルが浮かぶ詩です

いずれにしても、この頃のYumingの曲は名曲揃いです

この後、鎌倉へ行ったのですが、それはまた、つぎの機会に・・・・(再掲注:この下に記事あります)

《発見》地元サーファーは自転車で海岸へ行きます、ボードはこんな風に運びます 。

Photo_5

Photo_6

【追記】

「天気雨」は「14番目の月」収録でした。
「流線型’80」には「真冬のサーファー」が収録されています。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茅ヶ崎から鎌倉へ回りました~「鎌倉紀行」

茅ヶ崎ゴッデスの後は鎌倉へ行ったようです。鎌倉はこの後、2007年秋にも行きましたね、たしか映画『タイヨウの歌』のロケ地巡りです(しかし、ミーハーやなあsweat01)。

【2005年7月13日に記事】

今日の朝も過ごしやすい東京です、

この前の日曜日の「ブラリ一人旅東京観光案内紀行」(って、またタイトル変わってるし!happy01)の続きです。

茅ヶ崎のゴッデスに着いたのが10時頃・・・さて、これからどうしようか?帰ろうか?
だいたい詳しい下調べなどせずに、文字通り、行き当たりばったりでの行動です。とりあえず、ゴッデスの裏の細い道をなんとなく駅の方向へ向かって歩きます。
途中、かわいいパン屋さんがあったので、“田舎風パン”200円也を購入、今週の朝食を確保。

Photo

茅ヶ崎駅の切符料金路線図を見ていると、藤沢から江ノ電に乗れるようなので、藤沢へ・・・
江ノ電には鎌倉から乗ったことがありますが、藤沢からは初めて、路面電車のイメージがあったのですが、藤沢駅はビルの2階か3階の駅から出発sign01でも、江ノ島を過ぎる頃から家の軒先・植え込みをかすめての運転、路面電車になります。そして、鎌倉高校前駅へ・・・すぐ前が海、右手には江ノ島が見えます。noteサザンの唄も聴こえて来そうです

Photo_2

ここから、七里ガ浜~稲村ガ崎とサーフィンのポイントが続きます、この頃この辺りで同級生のFJhanとKさんと多分ニアミスしてました。

(再掲注:そうそう、思い出しました、この日FJhanが茅ヶ崎まで波乗りに来ていたのですsign03)

長谷駅で下車、この前いつ来たのか思い出せないのですが・・久々大仏見物、}うん、やっぱりなかなか迫力あります。

Photo_3

ムラサキ芋のソフトクリームなどを舐めながら、横須賀線で東京へ、14時には自宅へ帰着、6時間の小旅行でした。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

Yumingネタが続きますが~「観音崎の歩道橋に立つ」

この記事がありました、同じような内容のことをこの前の記事にダブって書いてしまいましたsweat01まあ、しょうがない、観音崎へ行く前の記事です。

【2005年7月3日の記事】

異常に涼しい、半袖ではちょっと寒いくらいの今日の東京、
恒例???「休日のブラリ東京観光案内」(勝手に名前つけるな!!ちょっとずつ変わってるし)は、前回に続きYumingネタで三浦半島・観音崎に行ってきました。

観音崎といえばアルバム「時のないホテル」の“よそゆき顔で”の歌詞があまりに印象的な
ので、ネットで見たら何人もの方が現地を訪れておられます。斯く言う私もたぶん1982年にBike(HONDA VT-250F)で訪れたことがあります。

「時のないホテル」は1980年発売、当時の第一印象では「結構重い!!」って感じでしょうか、14番目~流線型までのおしゃれな感じから、Olive~悲しいほどお天気でOLターゲットに戦略変更、でこのアルバムは今で言うセレブ感が漂います。完成度と言う意味ではYumingの絶頂期ではないでしょうか?

Photo_23

1. セシルの週末
2. 時のないホテル
3. Miss Lonely
4. 雨に消えたジョガー
5. ためらい
6. よそゆき顔で
7. 5cmの向う岸
8. コンバートメント
9. 水の影

5.8.9.は覚えてない、、
で、“よそゆき顔で”の歌詞は・・・・・

砂埃の舞うこんな日だから  観音崎の歩道橋に立つ 
ドアのへこんだ白いセリカが 下をくぐっていかないか

こんな歌詞だったともいます・・・・で、その歩道橋に久しぶりに立ってきました。

Photo_24

でも、なんでこんなとこに歩道橋があるんだろう?車少ないし、下には横断歩道が・・・
昔はこういう場所でもバンバン建設省がモノ作りに励んでたんですねえ。

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたYumingネタですね~「観音崎~浦賀紀行」

またまたYumingネタですheart02

彼女の歌が画期的だった点の一つが、現実と歌のイメージとの融合というか、いかにもそこにYumingワールドが現実に実在するかのような錯覚と希望を与えてくれた歌詞であったと思います。

そういう意味で“観音崎の歩道橋”も、多くの人の心の中にイメージが焼きついているのではないでしょうか?(「白いセリカ」もそうかな?)

楽曲は「よそゆき顔で」、名曲ですねnote

20代後半にバイク(HONDA VT250)で通ったことがありますが、今回また行ってしまったようです。

【2005年7月4日の記事】

午前中は凄い雨でしたが、午後は涼しくて気持ち良い日でした。

昨日の三浦半島観音崎のネタをもう一日、
Yumingの“よそ行き顔で”の歩道橋・・・・この唄のイメージが強いので、また行ってしまいました。

8:30に家を出発、自転車を飛ばして東銀座の駅へ、

朝のこの辺りはガラガラ、余裕で8:44発の京浜急行三崎口行きの快速特急に乗る。
品川から京急蒲田、京急川崎、横浜と停車、途中「大森海岸」なんて(関西人には)洒落た名前の駅もある。

横浜からはだんだんと行楽列車の雰囲気の景色がひろがり・・・堀ノ内で浦賀行きへ乗り換え、2駅目の馬堀海岸駅で下車、9:45頃。バス停で観音崎行きのバスに乗ってしばらくするとやっと海が見えました、と同時に歩道橋が!

ネットで読んで知っていたのですが、実は「観音崎の歩道橋」と言うのは無いそうで、その手前の走水にある歩道橋がそうではないか・・・と言うのが定説のようで、たぶんこれだろうなあ・・・と思いながら、バスに揺られ続け、結局3つ先のバス停「観音崎京急ホテル」で行き過ぎを確信、下車、10:00。

歩いて「走水の歩道橋」まで戻りました、6~700mくらいでしょうか。

歩道橋の上に立ちましたが、あいにくの天気で鉛色の海・・・写真を撮ろうとしたら、電線がいっぱいで・・・断念。
ホテルまで戻って、ボードウォーク???へ、要は板を敷き詰めた海岸沿いの遊歩道、海岸線沿いに観音崎手前まで歩きました、早くも海に入ってる人もいました。

Photo_25

観音崎のレストハウス辺りに到着、バーベキューの人でいっぱい、バーベキュー可の指定場所らしいです。

途中から観音崎灯台へのコースへ、入場料150円(寄付がないと維持できないので・・・とおばさんが言ってました)、日本最古の洋風灯台だそうです、上まで上ってから自分が高所恐怖症であることを思い出し、何とか根性で撮った写真happy01

Photo_26

灯台から岬の反対側の展望園への経路へ、途中で砲台跡・・・東京湾の入り口の要衝、明治初期から第二次世界大戦敗戦まで砲台があったそうです。

Photo_27

期待してなかった展望園は期待通り何もなく、海沿いに浦賀方面へ・・・こちら側の海は透明度が高く綺麗でした、バーベキューにジェットスキー、シュノーケルと皆さん楽しんでました。

Photo_28

この二人はずっとシュノーケルで水中を見てました、水の中は楽しいんだろうなあ{笑顔}

Photo_29

祭りの準備でしょうか?山車と若者。

浦賀までは少し距離があるので、途中のバス停で数分待って浦賀行きに乗車、5~6分で浦賀着12:00。浦賀といえばあのペリー来航の街、キャッチフレーズは確か・・・開国のまち・・・でした。

約2時間のウォーキングを終了、13:00には東銀座に戻りました、ふーー、、

(記事再掲ここまで)

この頃は、朝早くに出発して昼過ぎには帰ってくるという非常に健康的な行動パターンを実践していますな、これでなくっちゃねgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

Yumingの実家を訪ねたのですね~「八王子八日町商店街」

テスト、テスト

This is drll.

まだ、居酒屋の記事は出てきませんsweat01

本日の本家のほうでは門前仲町の「浅七」の記事をアップしました。

そう、八王子もこの時以来行ってません、

仕事であるメーカーの研究所かなにかを訪問した帰り、立派な建物の料理屋があったのでタクシーの運転手さんに聞いたんです。

「ここは有名なんですか?」

「東京からも食べに来るみたいだけど、たいしたことないよ」

「あの、、Yumingの実家はまだあるのですか?」

「はい、ちゃんと営業されてますよ、よく聞かれたり案内したりします」

てな、会話があったのを憶えています。その週末にはもう訪れてるのですね、いやはや、我ながらミーハーですなあlovelyでも、この時期はどこでも楽しい初訪問、あっちやこっちをウロウロしていたのです。

【2005年6月19日の記事】

2月以来の2週連続の東京居残りです。

今日の東京観光案内は・・・八王子八日町商店街です!!

もう、お気づきの方も多いかとは思いますが、金曜日に仕事で八王子に行き、ふと頭の中で企画が成立しました。

八王子は新宿から京王線かJRで40分ほど、距離で言うなら35Kmほどで、関西で例えると、大阪から長岡天神あたりまででしょうか(例えがローカル過ぎhappy01)。

今日は京王線でいきました。

駅前は立派なデパートやビルが一杯で結構な繁華街です・・・・ですが、5分ほど歩くと甲州街道沿いのアーケードがある商店街、日曜日のせいでしょうか、シャッターが閉まっているお店も多いです。

駅前の新しい繁華街にお客を取られている・・・そんな感じです。

でも、私はこんな感じの商店街が大好きで昔プラモの趣味をやってたころは、こんな商店街のおもちゃ屋さんで絶版モノのプラモなどを捜し歩いたものです。

で、お目当ての場所は・・・・・

Photo_16

そう、ユーミンの実家の“荒井呉服店”ですlovely

ビジュアルは見たことがあるので、あまり感激はなかったですが}、創業95周年の看板がありました、少なくとも1910年以前の創業ということですね。素晴らしい。

2_2

なんか、堂々とした看板です。

荒井呉服店もそうですが、今日の収穫はこの商店街にたくさんあった老舗の看板です。八王子は宿場町か何かでずいぶん昔から栄えていたようです(調べておきます)、そんな風情を感じさせる老舗、看板がたくさんあって楽しかったです。あらためて紹介しますね。

帰りの電車でユーミンのBestアルバムを考えました。
「ミスリム」「ひこうき雲」「コバルトアワー」「流線形’80」「14番目の月」「時のないホテル」「パールピアス」・・・・・うーーーーむ、流線形も捨てがたいのですが・・・・・1枚だけなら・・・・「ミスリム」にします!

なんか、当時を感じれる臭いがします。

(記事再掲ここまで)

この後、記事が2つ続きますので、以下に再掲してます。

この商店街、立派な商店街なのですが、ちょっとしんどそうでしたね、今はどうなんでしょうか?どんどん様変わりしていってるような気がします。また、一度ふらりと遊びに行ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八王子八日町商店街2

【2005年6月21日の記事】

今日も東京は梅雨らしくない天気だそうです、雨は降らないようですが、暑いようです。

八王子八日町商店街の続きです、
八王子はやはり歴史のある街です。徳川幕府江戸の西の守りの要所だったようで、「千人同心」という部隊が守りに付いていたそうです。「千人同心」は滅亡した武田家の家臣が中心だったそうで、大阪夏の陣にも出陣したそうです。宿場町というより城下町ですね。
太平洋戦争末期には米軍の空襲も受けました、これも軍需にかかわる産業があったか、部隊が駐屯していたのでしょう。

そんな八王子の商店街、結構古い看板が目立ちました、}
まずは・・果物屋さん・・・“内外 青果 バナナ”・・・バナナが高級品だったのです。

Photo_17

紙屋さん・・・・・

Photo_18

イラストが泣かせます、“おしゃれのエプロンと関連小物”、

Photo_19

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八王子八日町商店街3

【2005年6月21日の記事】

さらに八王子八日町商店街の紹介です。
正確には他の町内の商店街もあるようですが、商店街の名前を確認できませんでした。

乙女ヤさん・・・・

Photo_20

安政元年(1854年)創業の荒物屋さん、竹細工の器など良い物が揃ってました。

Photo_21

今はどんどん少なくなってる文房具屋さん、“パイロット万年筆・ボールペン”、

Photo_22

これからもガンバって欲しい商店街でした{ハート矢}

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

確かにこの橋の名前は魅力的でした~「面影橋」

テスト、テスト

This is drill.

すいませんsweat01

まだ居酒屋の記事は出てきません、

ギターBlog「アコースティックギター生涯の1本」で書いた東京観光案内の記事を再掲していきます。

この頃はフォークの歌にちなんだ地名を探しては、東京をウロウロしていたようです。

ちなみに、今日2008年12月27日の本家「アコースティックギター生涯の1本」では「岸和田のローカルフード~けしみん」の記事をアップしておりまするheart04

残念ながら都電荒川線にはこの1回きりしか乗ったことないです、イカンですな、またこれに乗って三ノ輪辺りに行って一杯飲まなきゃなbeer最近、あの辺りにハマっているもので。

【2005年6月11日の記事】

朝からどんよりとした曇り空、湿度は高いですが、それでもなんとなく関西よりはマシなような気がする東京です。

昼に葬儀があり、その後・・・面影橋に行ってきました。

はい、「面影橋」といえば及川恒平さん、面影橋から天満橋・・・・そして日影橋と3つの橋の名前が出てきますが、私の持っている小さい地図には面影橋以外は出ていません。さらに、その後に “流してあげよか大淀に” という歌詞も出てきます。及川さんは大阪の人ではないと思いますが、この詞は大阪のことなのでしょうか?作詞を調べたら“田中信彦・及川恒平”の共作になっていました。なんとなく架空の場所の詞なのでしょうか?

実在の“面影橋”は唯一残っている都電荒川線の駅の名前で見つけました。

Photo_13

都電荒川線は新宿区早稲田から豊島区・北区を通って荒川区三ノ輪橋まで53分で結んでいます(ちなみに全部乗っても160円・安い{びっくり})ちょうど都の西北から北上~ぐるっと東の方へ行く感じです。
早稲田からの駅名は「面影橋」「学習院下」「鬼子母神前」(「恐れ入谷の鬼子母神」という言い草があります)と風情のあるというか、由緒を感じる名前の駅が続きます。

Photo_12

「面影橋」の駅を撮影しようとしたら・・・カメラがバッテリー切れ{ハート割れ}すいません、早稲田駅の看板で我慢してください。

Photo_14

早稲田から三ノ輪橋まで53分・・・ゴトゴト揺られてきました案外混んでました、地元の足!!って感じですね

おっ携帯で撮影した「面影橋」がアップできました、よかった!

Photo_15

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真追加でアップです~「都電荒川線」

これ撮ってるときは、テッチャンの気持ちが分かりましたhappy01

走ってる電車の一番前で線路を見ると、大概の男の子はワクワクするものです。

【2005年6月12日の記事】

ついでに都電の写真を2枚ほど・・・・こんな感じで走っています。

2

3

(記事再掲ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

スイマセン、まだ居酒屋は出てきません~「今日のイベントといえば・・・」

テスト、テスト

This is drill.

2004年に始めたBlog「アコースティックギター生涯の1本」で書いている“東京観光案内”、最初は文字通り、単身赴任で初めて住んだ東京のあちこちをプラプラした記事が続きます、まだ居酒屋は出てきません。

この日の記事は府中競馬場です、日本ダービーを初めて観に行きました。

競馬は今はやってませんが、関西勤務時代は同期に競馬好きのO君がいたので、一時はよく買ってました、 GⅠ だけですけどね。

一番良かったのが2001年の年末、有馬記念(マンハッタンカフェ→アメリカンボス)とその前週のGⅠで続けて万馬券を取りましたhappy012レースでウン十万円、

もちろんギターも買いました、

コートも買いました、

あれは良かったなあhappy01

【2005年5月29日の記事】

昨日は二日酔いで予定していたことがまったくできず、不覚の1日でした、

今日は、それを取り戻すため、朝から精力的に活動、まだ本調子ではないですが、買い物・クリーニング出し・掃除機・拭き掃除・コーナンまで日用品の購入お出掛け、山野楽器へL-00入院、そしてギターを弾きました。

でも、メインイベントは?????府中まで行ってきました、
そう、今日は「日本ダービー」、競馬場には1回しか行ったことがないのですが、せっかく東京にいるので観にいくことにしました。
友人のO君が共同馬主になっているマイネル某も走るので、関西から来るのかと連絡してみたら、今回は来ないとの事・・・・

「じゃあ、俺一人で観にいくわ」
「??って、入場券持ってるの??」
「えっ!!行ったら入れるのと違うの?」
「ダービーは予約制やで・・・・」、、、、

予約制とは知らんかった・・・でも、結局O君の奥さんのお友達のMさんが入場券を持ってるとの事で、競馬場で待ち合わせて無事入場。
Mさん、ありがとうございました。

レースまで2時以上あるので、あちこちをぶらぶら、競馬新聞でも買おうと思ったら・・・これまた失敗、場内にはそんなものは売ってない様子、事前に買わないといけないのだ!!
まったく素人一人だとこれだから困ります。結局、持っていた一般新聞のスポーツ面の端っこに載ってる出馬表だけを頼りになんとか馬券は買いました。

で、レース1時間前にはメインスタンドへ・・・もう人が一杯で立錐の余地は・・・結構、椅子席は空いているのですが、みんな、新聞とかで場所取りされていて座れません。真ん中辺りの階段に陣取って待っていると、なんだか1席空いたらしく、「ここ座り」と薦められ、本調子でないので即座らせていただき観戦。

いやー、ディープインパクトは強いですねえ・・・写真は1周目の直線です、

Photo_10

馬券は・・・・惜しかったですが、見事に外れました{笑い}1着から3着までの順番を当てる、3連単というのを初めて買ったのですが・・・
的中は・・・5→7→15・・・でした。私の馬券は・・・・

Photo_11

どうでしょうか?Oさん{笑い}

(記事転載ここまで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

まだ居酒屋は登場しません(汗!)~寺巡り??

テスト、テスト

This is drill.

東京へ来た頃は、歌の由来による訪問記が続きます。

今回の“寺巡り”も、斉藤哲夫さんにちなんで「吉祥寺」、拓郎にちなんで「高円寺」の2ヶ所の寺巡りでした^^)

本来なら、ここで吉祥寺「いせや」の訪問記になるべきなのですが、それはもう少し後のようで、この日は“寺巡り”という洒落が気に入ってほんとぶらりと散歩に行ったようで、「居酒屋を記事にする」という発想もなかったようです。

【2005年5月14日の記事】

今日は東京在住の高校の同級生6名でミニ同窓会をやってきました、高校時代は交流の無い友達も、この年齢になるとすんなり溶け込めて、楽しいひと時が過ごせました。

夕方まで時間があったのでお寺巡りをしてきました。
ううううそです、

寺は寺でも・・拓郎にちなんで「高円寺」、斉藤哲夫さんにちなんで「吉祥寺」の2つの寺に行ってきました。って、別に何の用事も無く、ただふらふらと散策しただけです。

Photo_7

吉祥寺は思ったよりも都会で・・・はは{笑い}東京はどこも大きい街です・・散策も出来ず・・・

Photo_8

高円寺は駅前に雰囲気のある商店街があったので、小一時間散策いたしました。
拓郎の歌にある・・・それだけのイメージでしたので、なんともいえませんが、学生さんが多い街なのでしょうか?

Photo_9

300mくらいの商店街に、古本屋さんが4・5軒、結構多い。
リサイクルショップも・・・ダンボールの中のフィギアどれでも100円!に人が集まってました。
ウッディ感覚の散髪屋さん、美味しそうなハンバーグ屋さん、ビリヤード屋、やっぱり学生さんの町のようです。
隣の商店街では、手作りのお豆腐やさん、行列の出来ている魚屋さん(隣が料理屋ですごく安く売ってるようです)と、下町情緒もたっぷりでした。

で、「君はどこに住んでいたのでしょうか?」

(記事再掲ここまで)

この日は例によってふらっと思い付きで行ったのですが、「いせや」の公園店は井の頭公園へ行く時に見かけ、そこで地図をもらって本店へも行った様な記憶があります。違ったかなあ?

高田渡が死去して1ヶ月、「いせや」がまだ私の中では実在感があまりなかったのですね、この日はやはり入店していないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

まだ居酒屋が記事に登場しません(汗)、「宇都宮に行ってきました。」

テスト、テスト

This is drill.

まだBlogタイトルの居酒屋・酒場が登場しないので、テスト期間中に記事を進行させておきます、居酒屋が登場するのはもう少し先ですsweat01

【2005年4月16日の記事】

宇都宮に行ってきました。

関西人の感覚で言うと、宇都宮は東京から在来線で1時間くらいかな?と思っていたのですが、新幹線{新幹線}で約1時間と案外遠いところでした、何県かは分かりますか?・・・栃木県です。

朝7時頃の新幹線に乗り、8時に宇都宮着、大学の後輩の出迎えを受けて、ゴルフしてきました、ほんの少し雨が降りましたが、楽しいゴルフができました。

後輩のお家に少しお邪魔したあと飲みに・・・肴に・・・・餃子を所望したのですが、しゃれたお店でありませんでした、で、似ているので注文したのが“手羽ぎょうざ”、美味しかったです。

Photo_6

ちなみに、宇都宮名物「ぎょうざ」の由来は・・・・・・特産物とか気候に関係あるのではなく、統計で調べたら、ぎょうざの消費量が一番多かったので、宇都宮市を挙げてぎょうざ名物化を図ったとか・・・・真偽は分かりません。

新幹線の駅にはぎょうざのモニュメントもあるそうで、これを写真におさめるつもりでしたが、どこにあったのか?気づきませんでした、

ざんねーーーん。

(記事再掲ここまで)

この時以来、宇都宮を訪問していません、不義理してるなあ、、またぜひ一度行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

一番最初の記事は「葛飾柴又」でした、2005年4月20日の記事

テスト、テスト、                                             This is drill,

さて、居所が変わると、記事のアップもままなりません、

慣れ親しんだドリコムでアップすれば手間も相当省けたと後悔しつつ、           とりあえず、どんな感じでアップできるのか?試行錯誤の始まりです。

さて、東西酒場探訪案内所がスタートいたします。

私、テリーが2004年の6月に一応ギターBlogのつもりで「アコースティックギター生涯の1本」をスタート、

2005年の1月、突然に東京に単身赴任、しばらくしてから書き始めたカテゴリーが「東京観光案内」です。当初はカテゴリー名通り、ぶらりと東京各所を訪れた時の記事を書いていたのですが、そのうちに居酒屋・酒場訪問記へと変容してきました。

最近は東京の下町居酒屋・酒場で溺れております^^)

自分でも過去の記事の整理が出来なくなって来ましたので、もう一度、地域ごとのカテゴリーを配布して、再度整理しながら記事を再掲していきます。もともとアコースティックギター関連のBlogですので、ギター関連の記述も混じるかもしれません。

ではいよいよスタートさせます。

まず、最初の記事は“葛飾柴又”への自転車での訪問記でした、酒場は出てきませんが、後に東京各地を巡る探訪の原点となった記事です。

【2005年4月20日の記事】

今日は久しぶりに東京居残りです^^)(注:2005年4月2日です。)
ギターも久しぶりに弾けました、ギターはGibson L00・・・新曲の構想もひとつモノになりそうです題名は決定・・・「36ヶ月」です。(注:後に「36番目の月」に改題)

でも、Blogのほうは新カテゴリー → 「東京観光案内」??うーん・・・いいのかな?まいいか。
昼前に家を出て、自転車で葛飾柴又:帝釈天に行ってきましたまずは帝釈天にお参り、

Photo_4

参道にはいろんなお店が出ていましたが、餅を焼くような匂いが・・・煎餅屋さんでした、店先での手焼き・・・買いました

Photo_5 

これまた店先であげている美味しい天丼を食べて・・・夕食おかずの小魚の佃煮?を買って、ここも行かないといけないですよね・・・矢切の渡し~~

Photo_3

・・・思ったより・・・・なんだか・・・横では河川敷野球やってました

往復約30Km、運動不足解消にはなったかな?

(再掲記事ここまで)

なんか今読み直すと、記事も書きなれてなく、内容もまだまだって感じですね。

元Blogのほうでは絵文字を使ってるのですが、こちらではまだそこまで手が回りませんので、適当に文章をつないだり句読点を入れたりと、若干手を入れています。

今後、どのような形が良いのか?しばらくは試行錯誤です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

09年から始まる予定です^^)

一応ギターBlogの“アコースティックギター生涯の1本”で書いてきた関東関西の観光案内、

それも最近は居酒屋・酒場の訪問記を、ここであらためて整理掲載していくつもりです。

09年1月からスタートの予定、お楽しみにhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年1月 »