2017年12月15日 (金)

なんとなく座り飲み強化月間^^)谷町4丁目の大箱酒場「四季」、久しぶりですが今も健在でした♡

【2017年9月22日(金)】

大阪 谷町4丁目 味自慢「四季」

なんとなく座り飲み強化月間のこの頃、今日も座り飲みですhappy01

今日は谷町4丁目近くの小さな居酒屋さんで斉藤哲夫さんのライブがありますnote

楽しみ~shine



でも、ほんとに小さなお店にぎゅうぎゅうに客が入ります、

食事をしながらゆっくりライブを聴く♪なんてことは難しいので、

食べて(もちろん飲んで)から参戦することにしますdash

谷4か、、、お!久しぶりにあそこへ行ってみましょうかflair、座り飲みやしね、

地下鉄「谷町4丁目」駅から地上へ出ます、

中央大通りと阪神高速高架が通るちょっと見た目が味気ない交差点ですが、

すぐ近くに酒場がありますgood

中央大通りを西へ向かうと左側にあります、「四季」、

005kai_2

たぶん6~7年振りです、ご無沙汰しております、

時間は17時過ぎ、開店したところですね、ではでは入りましょうdash

あら、、、一番客ですねcoldsweats01

広い店内、左右にテーブルが8つほど並んでいます、

右側は8人掛けの大きなテーブルですから相当広いですね、

そして、その先に厨房スペースがあり、

さらに、その奥にもテーブルスペースがあります、

これは相当広い、100席近くあるのではないでしょうか?happy02

記憶があやふやですが、

ここは元々一つの店ではなく、屋台村のようなスペースがあったそうで、

それが今は一つの店になったので、こんなに広大な酒場になった、、、



と云うような話をどこかで聞いたような、なにかで読んだような、、、

そんなかすかな記憶があります(違うかもしれませんsweat02)、

ネットで探してみましたが、確認できませんでしたので間違いかもしれません、

さて、左側の4人掛けのテーブルに案内されます、

 ま、一番客ですし、カウンター席はないようなので(厨房のところにあったかな?)

ここらも久しぶりなのであやふや)気兼ねなしに広いテーブルを使いますhappy01

まずは「生中」480円也にします、

008kai

最近の居酒屋感覚からすると高いsign02

でも、これくらいでしたよね、生ビールって、

今はどこでも390円、290円、安いと190円也なんていう店もあります、

ま、その分、生中の量が生小になってますけどhappy02

料理は「なす田楽」400円也、

011

出て来るまでに少し時間が掛かります、

ちゃんとした手料理ならこれくらいかかるのが普通、

「生中」をすっと飲み終えて「芋ロック」にします、

ロックで飲むのは珍しいです、

先日、屋久島へ行った時に「三岳」のロックが美味しかったので憶えましたhappy01

ロックって、焼酎の量が「水割り」より多いみたいですね、

たしか「芋水」よりも高かったような気がします、

料理をもう一品、「生たこバター焼き」600円也、

「蛸の天ぷら」が好物なので迷いましたが、

蛸のバター焼きが珍しいのでこっちにしましたshine



これ、美味しかったのですが、見た目のイメージが違いました、

013kai

勝手に“蛸のぶつ切り”(サイコロ状にゴロッと切ったやつね)を期待していたのですが、薄切り蛸でした、

 うむ~、ちょっと残念sweat02

やっとピンのお客さんが2名来店、

ライブの時間も近づいてきたので、入れ替わりでワタシはお勘定です、

2190円也、

最近の居酒屋感覚からするとやや高い感じ?

谷町4丁目の「四季」、

大箱の座り飲み酒場、他にこういう感じの店あったかな?

関西では思いつかないかもしれません、

東京王子の「山田屋」が近い感じかな?

「山田屋」の方が大衆酒場感は強いですが、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:神戸水道筋の「高田屋旭店一色屋」、名前の由来は?

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました、

髪の毛、短くしてます、散髪2週に1回行ってます、1,080円ですけど^^)



今日のお店:神戸水道筋の「高田屋旭店一色屋」、名前の由来は? 、、、


記事はこちらから ⇒



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

東京から先輩が来阪、芝田町辺りで吞むとなると、、、思いつきました、おでんの「すえひろ」、エエ酒場です。

【2017年9月20日(水)】

大阪 芝田町 「すえひろ」

大阪梅田の芝田町の交差点、この辺り結構エエ酒場があったエリアですshine

数年前にグランフロント大阪が出来て、結構この辺りも変っては来ていますが、

JRAの裏のほんの少しの一角はまだ昭和の名残が残るエリアとなっています、

その一角にある結構古いビルの1階、狭い通路の奥にエエ酒場があります、

おでんの「すえひろ」、二度ほど探訪しています、



この辺りは新入社員の頃から縁があり(古sign01)、

なんとなく知っていたし気になっていたのです、

で、ある時飛び込んでみたら、、、良き酒場でしたheart02



小さな店内にはきっちりとコの字カウンター、

で、美味しい一品とおでん、女将と若大将、奥には板場さん、



これだけステレオタイプな酒場、

もう大阪にはあんまり残ってません、だけに貴重な店ですhappy01

で、今日は東京から先輩が急な来阪、

もちろん時間空いています、ではでは、飲みに行きましょうdash

泊りが芝田町交差点角の新阪急ホテル、

必然、待ち合わせは新阪急ホテルロビーとなりました、

となると、芝田町エリアで呑みたいところです、

間違ってもグランフロントのレストランフロアという訳にはいきませんsweat01

で、思い付いたのが「すえひろ」、うん、いいんじゃないでしょうか、

東京のおでんとは一味違う大阪のおでんを味わっていただきましょうhappy01

時間は18時前、この時間ならまだ大丈夫でしょう、

芝田町の交差点から2分と掛かりません、

古いビルの細い通路を入って引き戸を引きます、

どうも、、、あら、結構混んでいますね、

でもまだ席は空いています、大丈夫でしょうwink

スイマセン、2人なんですが、

あ、あの予約ですか?

え、いや予約はしていませんが、、、



どうしよう、、、

どうやら予約が立て込んでいるようですsweat01

「すえひろ」は17時からの営業かな、

さっき待ち合わせの時間に電話しておこうかと、一瞬思い浮かんだのですが、、、

ま、大丈夫だろうと高を括ってしまいましたcoldsweats02

失敗したかなsweat01

コの字カウンターの中の女将と若大将がなにやら確認相談中、、、

で、、、

入れましたsign03

お二人ですね、大丈夫です、こちらの奥の席でお願いします、

ほ、危ない危ない、ヨカッタヨカッタ、なんとか無事入店ですheart02

しかし、人気していますね、

そういうと去年か一昨年に雑誌に紹介されていたような気もしますshine

次回からは予約してくるようにしましょう、

では、とりあえずのビールで乾杯です、

「突出し」は貝でした、、、名前分からず、「ばい貝」かな?

026

まず二人とも「鱧の落とし」、

027

おでんの店ですが刺身や一品料理も充実しています、

で、もちろん「おでん」にします、

028kai

これは「すじ」、「さえずり」と「ころ」かな?

東京にはないおでんタネです、

追加でこんなタネもね、

029

やはり出汁が美味しいですね、関西のおでんは、

一品料理、こちらは「あわび」の蒸し物です、

032kai

ちょっと贅沢wink

「かれいの煮付け」、

033kai

お酒は日本酒を燗でもらったような気がします、

お勘定は、、、先輩持ちでしたflair、ご馳走様happy01

大阪梅田の芝田町すぐ近くの「すえひろ」、

とにかく、この一角に昭和の雰囲気が残っているのが嬉しい、

店内は完璧な酒場の雰囲気、この感じが残っているのが嬉しい、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

とにかく、料理が美味しい、日本酒が揃っている、なのにこの雰囲気、この店名、めちゃユニークな店です、東三国の「華酒舞乱家」。

【2017年9月20日(水)】

大阪 東三国 「華酒舞乱家」(かさぶらんか)

今日は高校の同級生のミニクラス会、

皆でワイワイと飲んだので酒場記事にはならないのですが、、、

でも、面白い店なので、やっぱり記録しておこうと思いますhappy01

なんせ、ここ、とっても個性的ですshine

料理が美味しい、店内の雰囲気は喫茶店か?な感じ、

日本酒の揃えが凄まじい、

で、なんといっても店名が酒場史上もっともイケてませんhappy02

東三国の「華酒舞乱家」(かさぶらんか)、

なんで~~、な店名heart02

つっこっみどころ満載の店ですが、これがまたエエ感じなんですhappy01

3度目の探訪です、

地下鉄御堂筋線「東三国」駅が一番近いかな?

JR京都線「東淀川」駅からも、「新大阪」駅からも歩けます、

建物の1階、前は喫茶店かなんか?居抜きですか?な雰囲気、

で、店名再確認、

003kai

あ、お酒のメニューも写ってますね、

生ビールの後はいきなり日本酒三昧でした、

好みの「而今」から始まり、

004

「十四代」、おいおい、贅沢な呑み方やな~coldsweats01

006

「飛露喜」、この辺りも好きです、

010

大将が出て来て進めてくれた「鍋島」純米吟醸雄町、

016

日本酒にお詳しそうなんで、これも飲んでほしいとのこと、

いやいや、素人です、でも嬉しい、美味しい!「鍋島」heart02

〆は「悦 凱陣」オオセト純米、

021



おっと、料理は「刺身盛」2人前、

005kai

「てっさ」、贅沢~happy01

007



「鶏唐揚げ」、

008

「水茄子のサラダ」、

009

これは「帆立のグラタン」だったかな、

011kai

途中で焼肉もやってますflair

こんな“かんてき”?(で、いいのか?sweat02)でテーブルで焼きます、


015kai

「タン」、

012

これは???なんか難しい名前の部位、ミスジかな?忘れましたheart03

014kai

まだ頼んでます、「カキフライ」、

020

〆も大将のお勧めです、たしか「ドライカレー」だったと思いますが、、、

024kai

ルーも掛かってました、

すべて美味しいです、

ホント、喫茶店の椅子みたいなんに座って、これだけの料理がいただける不思議なお店ですhappy02

お勘定は一人@6,000円いくらだったかな、

 

東三国の「華酒舞乱家」、

いやはや、こんなユニークな店、他にないです、

料理はどれも美味しいです、日本酒揃っています、

上品な雰囲気や、渋い割烹がお好みなら行かなくていいです、

ワイワイ数人で楽しむのが良いと思います、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

帰りは新大阪まで歩いてエキナカの「今井」で「きつねうどん」までcoldsweats01

031

そして、一人が新横浜まで戻る予定だったので、全員新幹線で京都まで同行bullettrain

はは、贅沢な夜でしたhappy02

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

火事消失からの復活開店です、十三の「十三屋」から「十三トリス」へ、また新しい歴史の始まりですね♡

【2017年9月12日(火)】

大阪 十三 「十三屋」~「十三トリス」

あの「十三屋」が元の場所近くで再開店したそうなので行ってみますhappy01

火事で横丁の大半が焼失したのが2014年3月、

もう2年半以上経つのですね、早いものです、

人気だった典型的大衆酒場「十三屋」も完全に消失heart03

比較的早くに、駅の反対側に新店舗が開店していましたが、

このほど、元の場所に新しい「十三屋」が再開店したそうですbell

これは行かなければなりませんhappy01

前回、立ち飲みの「十三屋大光」を探訪しましたが、

その隣に新生「十三屋」が再開店していました、

025kai

こちらは座り飲みですね、間口はだいぶ狭くなりましたが、

とにかく再開店、おめでとうございますwink

ではでは入りましょうdash

随分と狭い店内です、

L字カウンターは7~8席、テーブルが2つと半分?(2人席)みたいな感じです、

カウンターが満席で入ったとこのテーブルに案内されます、

もちろん相席です、向かいの方がお勘定、すぐに2人組の新規さんが座られます、

とりあえずのビールは大瓶450円也にします、

なんかここは瓶ビールの気分でした、

「ぬた」と、

015



と、カウンターが空いたので移動します、

はい、ワタシも気楽に飲めるカウンターの方がエエです、はい、移動します、



L字の底辺に着きます、

流行ってますね、再開店してからも少し時間が経っているからか?

以前の店の常連さんが戻ってきているのか?

とにかく、店とお客さんがすでにしっくりと馴染んでいますwink

カウンターの中のお兄さんも元気です、愛想がよろしい、明るい店ですねheart02

狭い店内だと思っていたら、、、

どうやらここも2階席があるようです、隣りの「十三屋大光」と同じ感じですね、

018kai



よく見ると天井が吹き抜けになっていました、これはまたなぜ?

2階はコの字回廊のような状態になっているのでしょうか?

上っていないので不明、今度は2階席へ上ってみますか、

2品目は「蛸の天ぷら」400円也、

017kai

タコ被りですcoldsweats01、でも食べたかったの、

日本酒にします、ぬる燗、「日本盛」のガラス瓶250円也、

021

ガラス瓶が出て来ると、なんかシミジミしてしまいますhappy02

なんやろな、条件反射かhappy02

もう一品は「肝塩焼き」300円也、

023

串で出てきました、

肝には塩、これだけでとっても美味しい、抜群の相性ですheart02

これでお勘定にしました、明朗会計、

 

阪急「十三」駅西口すぐの「十三屋」再開店です、

レイアウトや広さは、前のスクエアな広めの店からだいぶ変わりましたが、

店内の雰囲気は何か昔の「十三屋」のDNAが引き継がれている感じ、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

さて、もう一軒、行かなければなりませんwink

並びにある「十三トリス」です、

新入社員時代から最もよく通った店のひとつです、

若いころは一人飲みなどほとんど経験ないですが、

ここは1978年頃からずっと通っていました、

もつ焼きの「七つ海」から「十三トリス」、黄金コースでしたshine

火災の少し前にも久しぶりに入ったのですが、その後まさかの焼失heart03

先日、再開店したとの情報で探したのですが、、、なぜか見つからずsweat01

今日はしっかりと目を凝らして路地を歩くと、、、ありましたflair

ここか、前回は見逃してるんだろうな、即入ります、

026kai

以前より少し幅が狭くなっているのかな?

でも、以前と同じく反対側の通りまで通り抜けられる便利な造りはそのままのようです、

で、カウンターの中には、、、

あら、マスターがいらっしゃいます、それも一人でhappy01

焼失した「十三トリス」もまずは北新地に新店をオープンさせました、

マスターはその「十三トリス北新地店」にいらっしゃるとばかり思っていました、

どうも、こっちにいやはるんですか?

いや、今日はシフトの都合で急遽、、、もうすぐ一人来るんですけど、、、

客は5~6人、でも勘定や新規の来店でマスター一人で大忙しです、

もうすぐ来るはずなんですけど~、

思わず手伝いたくなるような感じですhappy01

あ、そうそう、ワタシはこの店での定番「白ハイ」590円也、

027



料理も定番の「玉子焼き」810円也、

ちょっと待ってくださいね、手が空いたら作ります、

はい、ゆっくりで結構です、

ほどなくバイトの可愛い女の子が入店、

やっと2人体制になってマスターも一段落です、

「玉子焼き」、

035kai

上手いこと焼いてあるなあ、これは真似できなませんわwink

というか、ワタシ、玉子焼き、めちゃ下手なんですcoldsweats02

これでお勘定です、明朗会計、

 

「十三トリス」、前の店のあの末枯れたBar感は無くなりましたが、

これからまた数多の夜の歴史を作っていくんでしょうね、

そうそう、帰りは反対側から出ました、

うん、これこれ、こんな感じで飲んでいたのを思い出します、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:京都駅近くの「山本」でまんぼ焼き!

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました、

2つ一緒にやろうと思ったらダメです、必ず1つ忘れます!



今日のお店:京都駅近くの「山本」でまんぼ焼き!

記事はこちらから ⇒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

なんとなく座り飲み強化期間、今日は堂山交差点近くの「大黒」です、魚系は間違いのない「大黒」、ここも美味しいです。

【2017年9月5日(火)】

大阪 堂山 「大黒」堂山店

なんとなく座り飲み強化期間、どんどん行ってます、今日は「大黒」ですgood

大阪の座り飲み老舗酒場の屋号といえば、

「正宗屋」、「大丸屋」辺りがぱっと思いつきますがflair

 

「大黒」も結構店舗があり、そしてどこも魚系が美味しい素敵な酒場なのですshine

チェーン店と云う訳ではなさそう、暖簾分けとかそういう感じなのでしょうか?

では、今日は「大黒」堂山店へ行ってみましょうheart02

132kai

1階にカウンターと小上がり、2階もありますが床席です(数年前の記憶)、

先客2組ほど、カウンター真ん中に陣取ります、

と、外は夕立になりました、それもきつい雨脚rain

まあちょうどイイですわ、止むまで飲むことにしましょうhappy01

とりあえずは「芋水」、

127

黒霧で370円也、



カウンターの上には大皿、

どこの店でもカウンターの上にある大皿は美味しいのが多いので好物ですwink

端の方は良く見えないので、フロアの若いお兄さん(スタイリッシュなお兄さんshine)に訊きます、

向こうのは何ですか?

え~っと、向こうからいわし煮付け、鯵の南蛮漬、鳥ひも、里芋云々、、、

ベジファーストで「里芋」にします、

120

柔らかくて美味いshine、300円也、

BGMはなぜかJPOPです、大将の好みかな?

なんか合わんけど、まあエエです、

森田健作、大橋純子、さだまさし、円広志、中島みゆき、みんな声若いです、

中村雅俊と太田裕美が声が変わってないように聴こえます、得ですねhappy01

「芋水」お代わりして、カウンター上大皿からもう一品、「鯵の南蛮漬」300円也、

125kai

ボリュームあり、鮭と鯵か?魚は2種類入ってます、効率的素材活用happy01

で、これもまた旨し、味も食感もグッドですheart02

そろっと日本酒にします、

メニューには10銘柄ほど並んでいます、

その中から飲んだことのない静岡の「日本刀」にしてみます、

“日本刀”と書いて、“かたな”と読ませるみたいです、

オーダーすると升とコップで出てきたのかな?、、、失念、写真無しsweat01

瓶が見れなかったので、お願いして出してもらいました、

日本酒は瓶が見れないとねwink

129

超辛口とありますが、、、

たしかに辛口ですが旨味もしっかり感じます、美味しいお酒でしたwink

もう一品頼みましょう、

オーダーを聞いていると、「自家製おから」300円也と、「特製ぬた」450円也が良く出ています、

これが名物な感じですね、

どちらもまだ食したことがないので、「特製ぬた」にしましたhappy01

130

ボリュームあります、

葱に揚げ、人参、タコ、貝に茗荷、きくらげetcと具だくさん、

なるほど、これは名物になりますね、

ボリュームあるし、辛いので汗だくになって食しましたhappy01

隣りに座られたお父さん、埼玉からの出張だそうです、

「大黒」がお気に入りで、大阪に出張に来るとかならずここに来るそう、

埼玉にはこんな良い店はないですよ、と力説、

オーダーは「骨蒸し」650円也、

これも写真を撮れ!との指示があったのでパチリhappy02

131kai

鍋ですね、ポン酢で頂きます、たしかにこれならリーズナブルかもheart01

ワタシはこれでお勘定です、2500円くらいかな?

大阪堂山交差点近く、JR環状線ガード下にある「大黒」堂山店、

カウンターの中の大将の腕ですね、料理が美味しい、

人柄もエエ感じの大将、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

座り飲み強化期間です、ならばなかなか行けない京都梅津の「とよ」へ行ってみましょう、エエ店のようです。

【2017年9月1日(金)】

京都 梅津 「とよ」~木屋町三条「よしみ」

座り飲み強化期間ですhappy01

今日はKaさんに、京都梅津の「とよ」を探訪しますshine

で、ネットで場所を確認すると、、、うむ、これはなかなか手強いですねcoldsweats01

「とよ」、、、最寄の駅がありましぇん!sweat01

ワタシも京都生まれですが、この辺りは土地勘がなく、

なんとなく電車ないなあ、と思っていましたが、ホンマに最寄駅がありませんheart03

近い駅となると阪急京都線の「西院」駅から西へ、

同じく阪急京都線の「西京極」からは西北へ、

阪急嵐山線「松尾大社」駅からなら東へ、

嵐電「太秦広隆寺」からは南へ、

 いずれも徒歩で20分前後でしょうか?この4駅のちょうど真ん中辺りにありますsweat02

「西院」駅からなら市バスが割とたくさん走っているようです、

さて、ワタシは梅田から阪急京都線で向かいますtrain

どのルートでアプローチするのか?迷いましたが、今回は「松尾大社」駅からのんびり歩くことにしました、

「桂」駅で特急を降り、嵐山線の乗り換えて「松尾大社」駅に到着です、

すぐ目の前の道(この道、四条通りです)を東へ取ります、

すぐに松尾橋で桂川を渡って、その後はひたすら歩きます、

今日は比較的涼しく歩きやすいです、

振り返ると愛宕山も綺麗に見えますshine

しかし、街の風景的にはあまり起伏がなく、ちょっと長く感じる距離、

なんとか四条梅津段町の交差点に到着、

ここを右へ、で少し行くとそれらしい店が左手に見えてきます、

002kai

噂の「とよ」、やっと到着です、自宅から2時間くらい掛かりましたhappy02 

時間は17時過ぎ、もう開店していますね、ではでは入りましょうdash

綺麗な店内、住宅地によくある居酒屋割烹な感じ、

左手にカウンター10数席、右手には大き目の小上がりスペース、

奥には仕切りのある個室風のスペースもありますね、

先客がカウンターに2~3組、入ったところのカウンターに着きます、

元気なお姉さんが飲み物を訊いてくれます、

「麦水」400円也にします、

料理は、、、ちょっと待ってくださいね、考えます、

はい、

「突出し」が出ました、

003

一品目はなんか美味しそうな「生春巻きサラダ」400円也にします、

カウンターの中の板場さんに直接発注しました、

外観はこんな感じでしたhappy01、ちょっと意外、

004kai

が、、、

美味しいです!ハムに掛かっているマヨネーズ以外はドレッシングなし、

だけど中の具が美味しいup

上手いこと出来ています、、あ、小海老天が入ってるなあheart02

料理、しっかり安定している感じですね、

「麦水」をお代わりして、もう一品を検討します、が、、、

イカ姿焼き、ホタテとも切れているそうheart03

で、思わず好物の「鶏天ぷら」500円也にしますhappy02

008kai

こちらもボリューム満点、ポン酢、辛子で食べるスタイル、

まず塩でいただき、後半ポン酢辛子で頂きましたが、辛子は要らんかな?

ご近所の先輩常連さん、家族連れの入店でぼちぼちと賑わいます、

座敷も奥の部屋もだいぶ混んで来ました、

皆さんお酒は焼酎のボトルですね、僕だけショットで飲んでます、

焼酎のボトルが2500円也、そら、その方がお得ですよねwink

妙に気も使わず、見栄も張らずに楽しめる、この辺りが近所の店のエエところです、

最後に寿司を一貫だけ、「かんぱち」300円也をいただきます、

017

もちろん美味しいですhappy01

メニューには“寒八”と書いてましたね、初めて見たかも、、、

これでお勘定です、2800円也、

うん、料理のクオリティを考えると高くありません、

京都梅津の「とよ」、町内のエエ感じの居酒屋割烹、

料理がしっかり美味しいです、近くにあったら絶対に行きたい店、

おおきにごちそうさん、また来ますねheart04 

この後は、市バスで河原町四条まで、

西木屋町の酒場や会員制立ち飲み!?を狙ったのですが、、、

019kai

入れずsweat02

ではと、座り飲みの老舗酒場の「よしみ」で燗酒をいただきました、

燗酒は「ねのひ」、京都ですな、ぬるめ、

031kai

辛めの酒は湯煎で温めていただけます、、一升瓶から銚子へ、エエ感じです、

「鱧卵煮」500円也、

033

京都らしい一品、

そうそう、付き出しは「豆腐」をそのままで、美味しい豆腐です、

032kai

上に乗ってるのは?なんだろう、

と、大将に訊くと“塩麹”やそうです、いちいち手が込んでますhappy01

京都の酒場です、おでんをよそうのも、ゆっくりゆっくり丁寧に、

店員さんもどこかのんびりしています、

燗酒お代わりして1830円也、

木屋町三条上る西入ルの「よしみ」、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:新世界の「酒の穴」、まだまだ研究が必要です。

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました、 

温泉、みなさん好きですよね、ワタシの一番好きな湯船は??



今日のお店:新世界の「酒の穴」、まだまだ研究が必要です。


記事はこちらから ⇒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

なんとなくの座り飲み強化期間です!なんば法善寺近くの串カツ「にしき」、ここも落ち着いて飲めますわ。

【2017年8月30日(水)】

 大阪 なんば 「二色(にしき)」

訳あって、このところ心斎橋からなんば辺りへ出掛けることが増えましたhappy01

で、立ち飲みもイインだけど、このところは座り飲みも忘れずに行ってみようdash

という気持ちもあります、

なんとなくの“座り飲み強化月間”ですからhappy02

ということで、今日はここです、

013kai

串カツの名店、なんばの「にしき」、久しぶりですshine

心斎橋筋から法善寺の方を見ると左側にあります、

1970年代かな?

当時の関西フォークのアーティストの方のエッセイとか回顧録にも「にしき」はよく登場しますnote

老舗ですね、

開店は17時と真っ当な時間、17時30分頃に入ることにします、

どうも、一人です、はい、カウンター奥に、はい、

もちろん無事入店です、左手が逆フの字のようなカウンター10数席、

右手にはテーブル席が3つ、

早くも盛り上がっているテーブルもあります、

とりあえずの「生」430円也を注文、

立ち飲み価格より高いのは座りの宿命かsweat02

いやいや、最近流行のチェーン居酒屋や激安居酒屋ではもっと安いか、

でも、これくらいがほど良く飲める相場かもしれません、

カウンターの中は若いお兄さん、

というかお兄ちゃん、というのが似合いそうな風体です、、、

が、これがしっかり仕事してはるのです、うん、エエ感じやgood

「生」を飲んでいるときに、この兄ちゃんからオーダーに関する注意事項の説明があったのですが、、、

うわの空で聞いてました、

で、料理の注文は、、、

『え~っと、きゅうりもみ、ください』

『すいません!そこのメモに書いてください!』

006

うわ!そうやったsweat01

料理のオーダーはメモに書いて渡すのがここの流儀です、

串カツのネタをしっかり確認するためにこうなっていると思うのですが、

小鉢一品料理もメモに書くことになってます、

久しぶりなのですっかり忘れていましたheart03

さらに、さっきお兄さんがそのことを云ってくれていたようですが、

「生」をグビグビ飲んでいたので右から左、うわの空でしたcoldsweats02

おはずかしい~、そうでしたね、はい、書きますdash

メモに書くとなるとまとめて書きたくなります、

「きゅうりもみ」250円也と「マカロニサラダ」300円也にします、

「きゅうりもみ」、旨し!味しっかりしてますな、

003

「マカロニサラダ」も美味しいですshine

短いパスタが二種入っています、

ネジレたんと花びら型、さらにカニ身(ほぼカニ身かな?)入り、

美味しい、さすがやわ、老舗の貫録を感じる一品2品です、

串カツは若いお兄ちゃんが揚げておられますが、

これがなかなかの仕事っぷり、テンポよく動いておられます、

こういう動きを見るのも大好きですheart02

では、串カツを頼みましょう、ここに来たらやはり串カツは外せません、

メモ用紙にネタを書き連ねます、

008

海老にロース、ウインナー、うずら玉にれんこん、全部100円也やったかな?

飲み物は日本酒、はい、冷やで下さい、

コップで?猪口で?

コップで下さい、「菊正宗」300円也、

010

はい、串カツ揚がりました、サクサク、衣ちょうどええ感じ、美味いです、

009

お兄ちゃん、エエ仕事していますgood

一口に串カツと云っても、いろんなタイプがありますからね、

チェーン居酒屋の衣が固い冷凍食品を揚げたんと、

職人さん揚げたてのホクホクサクサクの串カツとでは臨場感が違います、

串カツがウケる理由の一つはこの臨場感でしょうねshine

最近はネタを選んで、テーブルでセルフで揚げる店も増えてきましたね

あれも臨場感があるから美味しく感じるんやろな~、

寿司やお好み焼き、もんじゃにも通じる臨場感ビジネスですflair

とか云うてるうちに、あっという間にほぼ満席です、



「にしき」は2階もあるんですが、今日は解放していないようです、

お母さんが云うてるのを訊くと、どうもシフトの問題みたいで、、、

あと一人来てくれたら2階も案内できるんやけど、今日は無理、

人手不足?働き方改革の波がここにも?sweat01(んな、たいそうなhappy02)

 

はい、これでお勘定です、2130円也、

外税ですが、これは安いですね、

なんばの串カツ「二色(にしき)」、

今や老舗の貫録、串カツメインの酒場です、

昔ながらの味とクオリティ、それに流儀もちゃんと守っておられます、

やっぱり、座り飲みのこういう良店は落ち着いて飲めます、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«久しぶりに大阪九条の座れる角打ち「ごろごろ亭」へ、やはり料理が安定して美味しいです♡そして「白雪温酒場」へ。