2017年11月23日 (木)

今日はとんだ失敗をしてしまいました、ライブ参戦前のフライングでお初天神通り「松屋」~「じんべえ」へ行ったのですが、、、

【2017年8月26日(土)】

大阪 梅田お初天神通り 「松屋」~「じんべえ」

今日はとんだ失敗をしてしまいましたcoldsweats02



太融寺のライブハウスで後輩がライブをやるとのこと、

はい、行きますよ~、でもその前にフライング飲みですけどhappy01



梅田や、太融寺周辺に立ち飲みがいくつかありますが、

なんか今日は座りにしたいです、

 

このところ、どうも立ち飲み偏重になって、座り飲みの酒場はご無沙汰します、

イカンイカン、座りでゆっくり飲める店もエエもんです、今日は座りにしましょうdash

で、思い浮かんだのがココ、


006kai


お初天神商店街を入ってしばらく行くと右手にあります、「松屋」、

立派な木看板が掛かっています、

スポンサーは“清酒 多聞”、どんと来いsign01な感じですねhappy02

「大黒」や「正宗屋」、「大丸屋」に比べると数は少ないかもしれませんが、

「松屋」も酒場ブランドの一つですね、

近くの路地を入ったところにあった「ニュー松屋」は数年前に無くなってしまいました、残念heart03

土曜日の17時前、もちろんもう開いてます、

入りましょう、ちわhappy01

王道の大きなコの字カウンター、20席くらいかな、

もうすでに先輩諸氏をはじめ5~6組が一杯やっておられます、

まったくもって罪悪感無しhappy02、すっと飲みに入ります、

「芋水」と、料理はえ~っと、「南蛮漬け」ください、

009_2

「芋水」はちょと小さめのNIKKAのジョッキで出てきました、ご愛嬌、

「南蛮漬け」は鯵かな、


大き目の切り身を南蛮漬けにしてあります、美味しい、

008

ここって、いったい何年続いてるんだろう?

ここと、並びの「喜八洲」はワタシが新入社員の頃からあったような気がします、

ざっと40年くらいはここで営業している勘定ですな、



飲食業で40年はもう老舗で良いでしょうwink
 

「喜八洲」の“みたらし団子”も好きで、

十三やこちらの店でよく手土産に買って帰ったものです、



壁に貼ってある半紙メニューが達筆です、

011kai_2

なかなか迫力のある筆使いheart02、どなたが書いておられるんだろう、

「芋水」をお代わりして、もう一品は「すじ煮込み」、

013

これも美味しいです、さすがに料理は安定していますshine

ここはこれでお勘定にしました、1630円也、

今時のチェーン居酒屋に比べると、やはりちょっと高いですか、

お初天神通りの「松屋」、

久しぶりに入りましたが、ちゃんと繁盛してました、

長い間営業していますが、振れずに居酒屋テイストを守ってます、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

 

さて、ライブの開演は19時だったはず、

もう少し時間があるので道すがらに立ち呑みの「じんべえ」に吸い込まれました、

016kai

まだ新しいですが、料理がイケるし、内装も今っぽく若い人にもウケてます、

ここでは日本酒「篠峯」380円也、

026

シュワシュワで美味しい、好きなお酒、

時間的に一品で済ませたいので「刺身五種盛り」580円也、

029kai

う~ん、魚の名前忘れたけど、、、“赤イサキ”やったかな?美味しかったですshine

で、時間もそろそろエエ感じになってきたのでお勘定、明朗会計、



さ、ご機嫌で19時の20分ほど前にライブ会場に入ったら、、、

あら!?もう始まってますやん、え!?なんで、、、

開演は、、、え!?18時ですか、sweat01あら~、それは失礼しました、

これはまったくの勘違い、とんだ失敗sweat02

こらまた失礼いたしましたheart03、とさ、

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:鯖街道の蕎麦なら「永昌庵」。

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました、

ダウンロードとかインストールの進捗度を示すメーターから目が離せない!



今日のお店:鯖街道の蕎麦なら「永昌庵」。


記事はこちらから ⇒



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

大阪住之江区北加賀屋探訪、前回定休日で敗退した「梅本酒店」へ、大阪の角打ちここにあり!でした^^)

【2017年8月23日(水)】

大阪 北加賀屋 「梅本酒店」

今日は大阪住之江区北加賀屋へ、リベンジ探訪ですhappy01

前回、8月1日に探訪したのですが、一軒目お目当てだった「梅本酒店」、

8月1日は火曜日で定休でしたheart03

あちゃsweat01、あんまりこういうなん、調べていかないんです、行きたくなったら行ってしまう、

ので、結構こういう目に遭います、

で、今日は水曜日、確認!

今日は「梅本酒店」開いているはずです、行ってみましょうdash

地下鉄四つ橋線「北加賀屋」駅で下車、地上に出ます、

今日は余裕があるのでちょっとそこら辺を探訪、

北加賀屋交差点角には「山長酒店」があります、

008kai

ここが、大阪に数店残っている“山長酒店”の本家だという話を聞いたことがあります、

大衆酒場「おく」、

009kai

ここもエエ味出してますhappy02

大阪の3大酒場ブランドの一つ「大丸屋」もあります、

007kai

ここは思ったより大きなお店、割烹的な雰囲気も醸し出しています、

ここだけが未探訪です、いつかここも入らねばなりますまいgood

ではでは、今日のお目当て「梅本酒店」を目指しましょうdash

駅から歩いて5分ほど?

今回はちゃんとアーケードの商店街に入って左に曲がるとありましたflair

011kai

「梅本酒店」、

今日はちゃんと営業しています、ヨカッタ、ではでは入りましょうdash

ちわ、時間は17時過ぎですが、、、すでに暖まっています、

上等な一枚板(たぶん)のL字カウンター8~9人立てるところに、すでに4人の先客、

反対の棚側にもいろんな椅子が置いてあって小さな低いテーブルで飲めます、

立っているのがしんどい方はこちらみたいですhappy01

突き当りにはリーチインが2台、缶系が冷えています、

お、生ビール用のジョッキも冷やされていますね、

その奥はもう生活空間です、住居一体型です、

カウンターの中にはお母さん、明るく元気なお母さんですwink

今日も暑いですが「生」は敬遠して、「麦水」と「奴」をお願いします、

012

「奴」、丁寧に薬味をあれこれ掛けていただきます、



お母さん、常連さんは皆さん、名字で呼んでおられます、

常連さんはお母さんのことを下の名前で呼んでおられます、みなさん仲エエですねheart02

カウンターの上にはコロッケ、ミンチカツ、焼き鳥、天ぷらなどが少しづつ並んでいます、

目の前の冷蔵ショーケースには奴、ウインナー、シュウマイ、トマト、スイカ、素麺、玉子豆腐、六チーズ、マグロ、鯛、にぬきなどがこれまた少しづつ、

なんか頼んだらすぐに売り切れそうです、



「麦水」を飲み干して、日本酒にします、

メニューはありませんが、カウンターの中の棚に一升瓶が並んでいます、

013kai

え~っと、右から菊正宗、剣菱、賀茂鶴、泉正宗か、

コップ1杯と半分があるようですflair、これはありがたいですね、安いし、

「賀茂鶴」にします、1杯320円也、半分190円也、半分にします、

014

良心的価格設定、嬉しいです、「賀茂鶴」辛いわhappy01

常連さん、さっと飲んで帰る人もいれば、腰を落ち着けて飲む方も、

さらに数人入店、ルーティンの来店のようで「今日も生きてたか!」みたいな感じで歓待、

もう一品は「ミンチカツ」heart02

016

人気メニューなのか?お二人が注文、残り1個になったのでワタシもつい注文、

ウスターソースをかけていただきました、ウスターソース好き、

子どもの頃はウースターソースと云ってます、が、ウスターなんかな?

閑話休題、

これでお勘定にしました、大きな紙に書いた注文をもとにお母さんが計算、

明細を説明してくれはります、

お酒2杯にアテが2つね、300.100.190.170だったかな?忘れました、

とにかくお勘定は760円也、安!

北加賀屋の「梅本酒店」、やっと入店できました、

典型的な大阪の町内の角打ち、寄合所ですね、

常連のみなさん、お元気でなによりです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

(追伸)

この前の北加賀屋探訪で訪れた「ますだ」が廃業したという情報をいただきました、

良い角打ちだったのに残念heart03

今度、確かめに行ってみます、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

なんばにまた新しい立ち飲みが出来ました、豚オンリーの「仮)ニュー・ダイトン」、気に入りました♡

【2017年8月21日(月)】

 大阪 なんば 「ニューダイトン」

なんばの欧風料理「重亭」で腹ごしらえをした後ですhappy01

またもや、新しい立ち飲みが開店したそうなので行ってみることにします、

場所はあそこ、あの店の隣みたいです、あ~名前が出てこないcoldsweats01

“百聞は一見に如かず”、ここですshine

そう、あの「かどや」さん(この日は定休)の左隣にありました、

016kai

店名が凝ってます、「仮」ニュー・ダイトン」、 

“仮)”もちゃんと店名の一部のようです、面白いhappy02

当たり前ですが、新規開店ですのでそれなりに綺麗ですが、、、

すでに、なんか年季のようなものも感じます、貫録十分の店ですねgood

それもそのはず、

聞くところによると、なんばやキタにある「たゆたゆ」「大阪焼とんセンター」の流れらしいですflair

これは期待できますね、ではでは入りましょうdash

入るといきなりカウンターがあります、

コの字かな、底辺が入口に面しています、15人くらい立てそうかな?

奥は複雑なレイアウト?で座り飲みの席があるようです、

コの字の縦棒下部に着いたので奥のことはよく分かりませんでした、

飲みもの、はい、、、え~っとハイボールがエエかな、

バリなんとか云うのんとか、ジンジャー入りのんとかあるみたいですが、

良く分からないのでとりあえず普通のハイボールにします、

ちなみにビールはSAPPOROのみ、エエ感じですheart02

目の前には大きな煮込み鍋があります、

 メニューにも名物料理と記されている「必食もつ煮込み」250円也が煮込まれています、

 もう一つの名物料理「ドラゴンテール」450円也ってのも気になります、なんだ!?

が、オーダーはとりあえずはアッサリ目に「ガツねぎゴマ油」350円也

018kai

これでとりあえず一息入ります、ガツねぎ、納得の美味しさ、

まだオープンして、そんなに時間は経ってないように思うのですが、

お客さんの入り凄いです、流行っていますね、

料理は豚メイン、もつ焼きの串、豚珍と書かれた一品、その他の一品、

そして“大阪ガス”というのが面白い、揚げ物のことかな?

とにかく、なんとなく期待値が高い感じがします、

「たゆたゆ」のブランド力でしょうねshine

もう一品は気になる「ドラゴンテール」480円也にしました、

025kai

カウンターの中のお兄さんに訊くと、豚軟骨の煮込み、トロトロに煮込んであるらしいですhappy01

たしかにホロホロ、全部美味しく食べれました、

お酒も気になる「バリキングハイボール」340円也にします、

028

いろんなエキスが入っていそうな感じ、

で、調べてみると・・・「バリキングハイボール」はこちら、

へ~、SAPPOROの商品なんですね、

“ホッピー”と違いアルコール分が含まれているお酒、ソーダ割で飲むらしいです、

植物エキスが入っているみたいです、まずまずイケますgood

これでお勘定、

食したいメニューがいろいろまだまだあるので再訪確実です、

お勘定は失念sweat01、明朗会計、税別かな?

「仮)ニュー・ダイトン」、

なんば四ツ橋筋からすぐ、「かどや」の隣り、

豚オンリーだからこだわり様が違います、

東京のもつ焼きを彷彿とさせるメニューラインナップも嬉しい、

今回は焼き物を食べてないので、次回はぜひ焼き物に挑戦したい、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

なんばの老舗洋食店、欧風料理の「重亭」、初めての入店でございます、ドキドキ。

【2017年8月21日(月)】

 このところ心斎橋辺りへ行く用事が増えたので、必然心斎橋からなんばで飲むことが増えています、

で、今日もなんばでGO!happy01

 さて、どこで飲もうかと思案します、

先日来、何度か入店している「赤垣屋」でも良いのですが、

せっかくですから並びのこちらの店でまずは腹ごしらえをしましょう、

欧風料理の「重亭」、

010kai

洋食の老舗ですね、

ワタシの中では、なんばで云うと「はり重グリル」(「はり重カレーショップ」もあります)と並んで、人気の老舗洋食店、なイメージです、

実はワタシ、まだ「重亭」に入店したことがありませんheart03

つい立ち飲みに吸い込まれてしまう我が身が悲しいcoldsweats01

せっかくですから今日は「重亭」で腹ごしらえをしてから飲みに行くことにしましょうdash

ちわ、時間は19時前、当然混んでいる時間です、

イメージ通りの店内、テーブルが8つほどかな?

右側は壁を背に座る長椅子様の席になっています、

奥は洋食店では珍しいオープンキッチンになっていますねshine

テーブルはほぼ埋まっています、フロアのお母さんが案内してくれます、

相席になりますがよろしいですか?

はい、もちろん大丈夫ですhappy01

右奥のテーブル、壁側に案内されました、

ちょうどお勘定で空いた席ですが、この後すぐに相席になりました、

注文は、、、まずビールください、

アサヒとキリンがあったかな?キリンにしたような気がします、

大瓶620円也とさすがに立ち飲み価格とは差がありますが、ここはレストランですhappy01

料理は、、、ちょっと考えますね、

候補はビフカツかハンバーグです、はい、洋食ではこの二つが好きですlovely

他にはテキ(ビフテキ)とかポークチョップ、ミニバーグ盛合せ(カツとの盛合せ)、ミンチカツなんかもありますが、

ここは一番人気らしいハンバーグにするかな?

と、「ミンチエッグ」1180円也というメニューがありました、

ベースはハンバーグのようです、

普通の「ハンバーグ」は1130円也、この差はなんだろう?50円、

目玉焼きだけの差かな?

という訳で確認のため「ミンチエッグ」にしました、こんなんです、

012kai

うん、ハンバーグに目玉焼き載せ、

ということで間違いないかと思います(ハンバーグが違うのかもしれませんが、初めてなので分かりましぇんsweat02)、

久々、洋食店のハンバーグをいただきました、

やはり、この肉感、肉を食べている!という実感
heart02、幸せ~、happy01

付け合わせのスパゲティも好きです、これがないとちょっとがっかりしますhappy02

今回はしっかり載ってました、嬉しい、

大瓶ビール、結構量ありますが飲み切りました、

ハンバーグももちろん完食です、あ~美味しかったhappy01

これでお勘定です、

お勘定は奥のレジで上品なお母さんが担当、明朗会計、

なんばの老舗洋食店、欧風料理の「重亭」、

初めての入店、スタンダードで間違いのない料理、

それよりも、丁寧な接客のフロアのスタッフ、オープンキッチンのスタッフ、店主らしきお母さん、

みなさん素晴らしいです、



退店時にはキッチンからも“ありがとうございました”の声が掛かりました、

さすがですshine

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

そうそう、「重亭」の名前の由来も気になりますが、この日は訊くのを失念heart03

さて、ではもう一軒、次は新進気鋭の立ち飲み屋さんへ行ってみましょうdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

『テリー・イシダの独酌酔言』記事を更新しました~今日のお店:天満の角打ちの雄、日本酒飲むなら「稲田酒店」。

『テリー・イシダの独酌酔言』記事を更新しました、

東京オリンピックを2回観られるのってラッキー!?何人くらいが2回観れるんだろう?



今日のお店:天満の角打ちの雄、日本酒飲むなら「稲田酒店」。

記事はこちらから ⇒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

今日は天満で梯子です、「肴や」~「電撃ホルモンツギヱ」、そして初探訪は「あらかると」、エエお店でした♡

【2017年8月19日(土)】

大阪 天満 「肴や」~「電撃ホルモンツギヱ」~「あらかると」

今日は連れ飲み、

滅多に天満に来ないとのことなので、天満梯子酒となりましたhappy01

まずは焼肉!で!

ということで、久しぶりの「電撃ホルモンツギヱ」を覗きます、、、

あの手際の良いお兄さんがまだ開店準備中heart03

そりゃそうだ、まだ16時30分頃、すんまへん、

17時開店ですよね、じゃあ17時10分頃に来ますんで2名で予約お願いします、

 はい!分かりました、お待ちしてます~、

ということで、時間繋ぎにすぐそばの料理が美味しい立ち飲み「肴や」に入ります、ちょうど空いててラッキー、

 生ビールで乾杯、3品取ってます、「トマト」、

009

一人では滅多に頼まないcoldsweats01

「南瓜の炊いたん」、これは一人でもよく頼みますgood

010

これは「海鮮ユッケ」だったかな、トッピングは胡桃か?

011

サクッと30分程で切り上げます、

「ツギヱ」を予約してますからね、裏切るわけにはいきませんwink



で、「電撃ホルモンツギエ」へ戻ってもう一度乾杯ですhappy01

014kai2

ここは「ホッピー」で、、、このところまたホッピーが好きになってきたheart02

「電撃ホルモンツギエ」、

できてもう5年くらいになるかな?相変わらずの人気です、

人気の源泉は、、、やっぱり、お兄さんの手際の良さかなshine、ワタシはとして、

(あ、前回訪問時はお姉さん一人でしたが、この日はお兄さんでした)

 

小さなお皿に一人前づつ、手頃な価格で焼肉を少しいただくスタイルなんですが、

10数人の客のオーダーをテキパキと要領よく正確に処理するお兄さんの手際が大好きですheart01

見てて気持ちよく飲めます、酒場の大切な要件の一つです、

焼肉は「タンもと」と「上ハラミ」だったかな?

017

「上ミノ」に「センマイ」、

018kai
021kai

焼肉、美味しいなあlovely、でもこれくらいでイイです、

最近はロースもあまり食べない、

昔はもてはやされていてよく食べていた“カルビ”なんかはもう絶対に食べられないhappy01、脂が多すぎて無理sweat01

人の好みも年相応にどんどん変わります、エエ加減なものです、

はい、これで「電撃ホルモンツギヱ」もお勘定です、

今日もエエ仕事見せていただきました、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

で、3軒目、決めてなかったのですが、時間が早かったのでここに入れました、

「あらかると」、初探訪です、

031

複数の友人から評判を聞いていたので、何度かトライしたのですが、いつも満席で敗退heart03

 今日はどうかな~、と覗くと先客一組、入れそうです、ラッキー、

ではでは入店ですdash

店名からイメージできる雰囲気とは違います、

云うならば“小料理屋”さん、カウンター7~8席の小さなお店でした、

カウンターの中には女将さんとお母さん、

如何にも美味しそうなメニューと食材が並んでいます、

こりゃいいですねheart02

前評判通り、料理は間違いないのを確信できる雰囲気ですwink

で、美味しそうなメニューをサクサク注文、

「三河うなぎの白焼き」1500円也、

023

「絹皮茄子のイタリアン」700円也、

024

で、茄子をもう一品、「赤茄子のソテー」600円也、

027

そろそろ茄子が美味しい季節、

たしか茄子の品種の話を聞いて両方頼んだのかな?

赤茄子の方が大きかったです(感想、それだけかいsweat01)、

スイマセン、両方とも美味しかったので味の違いまで心が回りませんでした、

焼酎「光年」を飲んでいたような気がしますが、日本酒に切り替えます、

028
029

日本酒は定番「上田獅子」だそうです、燗酒にしてもらいました、

長野の上田ですか?

そうですか、

上田、懐かしいですshine

40年ほど前にバイクのツーリングで偶然泊まりましたね、

ワタシは大学生、夕方、走行中に偶然合流した高校生や大学生4人くらいで、駅前の交番に紹介してもらった旅館に泊まったなあhappy01

夜、ビール飲めるのが僕だけという健全な夜でしたhappy02

そういうと今は近くに同級生が一人住んでるなshine、上田市、また行くかなdash

もう一品、「たまねぎの田楽」600円也、

030

いや、どれもこれもちゃんと普通に美味しい料理でした、

22時閉店なのでいつも混み合っているようです、それもまた由、

これでお勘定にしました、

金額失念sweat01、2杯づつ飲んで、たしか一人@2500円ちょっとだったような気がします、

天満の「あらかると」、上等なお店です、入れてヨカッタshine

ちゃんとした料理がいただけます、店の雰囲気もよろしい、再訪確実、

18時開店で21時30分LO、小さなお店なので予約した方が良いかもです、

おおきに!ごちそうさん!また来ますね!heart04heart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

こちらも未探訪でした、木津市場横の「みつわや酒店」、予想外の座り飲み、で素材が豊富な料理、市場横ですから。

【2017年8月16日(木)】

 大阪 木津市場 「みつわや酒店」

ずっと前から、ここも気になっていたのですがまだ未探訪、

今日は絶対入るぞ!的な覚悟で地下鉄「大国町」駅で降りますhappy01

地上に出て、少し歩きます、この通りで良かったけ?

角をちょいと曲がって木津市場方面へ向かいます、

大国町辺りも久しぶりです、

道もちょっとうろ覚えながら、でも、しっかり木津市場横に出ましたgood

「みつわや酒店」はすぐそこ、酒店ですから角打ちということになりますね、

040kai

間口が狭い店です、たぶん短い立ち飲みカウンターのみ、といった感じでしょう、

と勝手にイメージ膨らんでますwink

時間はもう19時前、でもまだ外は明るいです、もちろん提灯も燈っています、

ではでは、入りましょうdash

あら!勝手に想像していた店内とはずいぶんと違いますhappy02

比較的スクエアなスペース、右手に7~8人座れそうなL字カウンター、

そう、立ち飲みではありませんでした、椅子がありますflair

左手の壁にも座りのテーブルが付いています、

へ~、そうでしたか、座りでしたか、

先客2組3人、L字の底辺に着きます、

カウンターの中には若い大将とお姉さん、家族経営かな、

とりあえずは「麦水」270円也と、

カウンターの上の大皿から「玉ひも」200円也、

041

糸こんが載って出てきました、量は少な目、

卸売市場がこんなに近いのですから、お客さんも市場関係者が多い?ですよね、

先客もそんな感じです、

壁のカレンダーは木津市場の専用カレンダー、

043kai

通常のように表記に加え、

市場の休業日が緑色で、朝一開催日がグレーで表記されています、

ここもこのカレンダー通での営業なんでしょうか?訊けませんでした、

メニューは刺身に焼き魚、天ぷらに揚げ物、

揚げ物はかき揚げ、コロッケ80円也、穴子の天ぷら130円也と市場近くらしくそそるネタと値段で並んでいますheart02

揚げ物ではミノ(メニューの場所的にはたぶん揚げるの部類?)250円也が一番高いです、

そして鶏メニューが充実していますね、

カウンターのショーケースにネタが並んでいます、

 048kai

きも、ずり、はらみ、むね、つくね、とメニューにも並んでいます、

では、鶏をいただきましょか、「はらみ」200円也にします、

これはどうなりますか?大将に訊きます、

はらみは塩焼きか、タレで焼くか、、、

では、塩焼きで下さい、

042kai

これも量は少な目ですが美味しいです、

「麦水」をお代わり、

次は カウンターのショーケースの中にあったなにやら濃厚そうな白身に目を付けます、

これはなんですか?

うつぼです、天ぷらになります、

お!イイですね、市場近くならではのネタですねlovely

角打ちでウツボは初めてかもしれませんね、それ下さいshine

「うつぼの天ぷら」300円也、

046kai

これも小皿で、

見た目通りちょっと濃厚な白身の天ぷらでした、

ほう、TVではトラが珍しくカープに勝っていますね、

もう少し戦況を見て行きたいので、燗酒をお願いします、

 「菊正宗」、コップでいただいたのかな?270円也、

肴は焼鳥、「ずり」2本で180円也、

051kai

えへ、なんか居心地がよくなってきましたheart01(酔うてるんやがなhappy02)、

遅めから若者がどんどん入店、賑わってきました、

注文が続いて「サバ塩焼き」が売り切れ!

えっと、ではワタシはお勘定にしましょう、1630円也、

木津市場西側の通りにある「みつわや酒店」、

座り心地の良い角打ち、市場が近いからメニューも充実、

エエ感じで酔いました、安いんとちゃうかな、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

この後は、近くにある立ち飲みの名店「二劫」でもう一杯いただきました、

独特の雰囲気の立ち飲み、末枯れた酒場というより、Barのような雰囲気さえある感じ、

BGMはマスターの選曲、CDが壁に並んでいます、

マスターの手作りの「テリーヌ」100円也はあり得ないコスパの良さshine

055

カウンターに並んでいる大きなジャーの中にはカレーや煮込みが入っているはず、

「鶏の煮込み」200円也は贅沢した気分になるお値段heart02

057



日本酒は常時2種類、無くなると新しい瓶が追加されるシステム、

一杯目は「八郷」鳥取久米桜酒造400円也、

なるほど、燗にしてもええかも、主張のある個性的酒、

岩手盛岡の「あさ開き」と2杯いただいてお勘定でした、

あ、そうそう、ここはキャッシュオンでしたね、1100円也かな?

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

『テリーイシダの独酌酔言』記事更新しました、~今日のお店:天満駅前のもつ焼き「寅屋」。

『テリーイシダの独酌酔言』記事更新しました、

出そう出そうと思いながら、ハガキがなかなか投函できない件・・・^^)



今日のお店:天満駅前のもつ焼き「寅屋」。

記事はこちらから ⇒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

福島のあの店の流れだそうです、新進気鋭、洒落た名前の立ち飲みは実力派でした、天満の「あずき色のマーカス」。

【2017年8月16日(水)】

 大阪 天満 「あずき色のマーカス」

今日は大阪天満の新進の立ち飲み「あずき色のマーカス」を探訪ですhappy01

また洒落た名前ですshine、よう分かりませんがhappy02

“マーカス”ってなに~??な感じで魅かれるネーミング、

福島の「ジャックとマルチダ」の流れのお店だそうです、、、



ということは“マーカス”も人名か?

しかし、それでは“あずき色”が説明できない、、、

まあええわ、あとで店の人に訊いてみよ、

 

JR「天満」駅を降りて立ち飲みが並ぶ通りに吸い込まれます、


「肴や」を過ぎた辺りの右手に看板がありました、

「あずき色のマーカス」、

021kai

お店自体はこの奥、突き当りにあるようです、

ちょっと分かりにくいけど、実力のある店なら問題ないですな、

022kai

看板のところに“女性限定貸し靴あり”との情報が、

うん?一瞬、靴脱いで上がるのか?とか思ってしまいましたが、、、

立ち飲みなのでヒールとかだったら疲れるから、履き替えてねheart02

という事でしょうねwink

ではでは、この奥まで行って入店ですdash 

033kai

「ジャックとマルチダ」同様の明度やや低い店内、

家具什器の類の雰囲気も似ていますね、

 

大き目の逆Lカウンターに壁テーブル、

奥には島テーブルもあったかもしれません、
 

先客女性が一人奥目のカウンターに着いておられたので、

入ってすぐ左手の逆L字底辺カウンターに着きます、

 

夏の暑い盛り、なんかグビッと行きたいところです、ビールでもイイんだけど、

「ざく切り凍らせレモンのチューハイ」380円也というのが目につきました、

これにします、

 

小振りの上品なグラスで出てきました、

025

レモンたっぷり、チューハイは必然少な目happy01

 

料理も美味しそうなメニューが並んでいます、 

まずは「アスパラとクレソンのポテサラ」180円也にします、

 026

手作り感満載、フレッシュな具材、ややゴロッとした食感、美味しいですup

 これは料理は期待できますねlovely

 

BGMは桜井クンのカバーアルバムが掛かってましたhappy01、これも好物ですnote

 「凍らせレモンのチューハイ」はすぐになくなったのでお代わり、

料理をもう一品、「空芯菜の炒め物」380円也、

 029kai

塩とニンニク?シンプルな味付けが美味しいです、

ほんと料理は立ち飲みレベルを超えていますねshine
 

ウンターの中にはお兄さんが二人、

お一人がコックさんのようです、ちゃんと修行積んでます、な感じ、

 

「凍らせレモン」またもやお代わり、 

飲み物担当の方のお兄さんからアドバイス、

 レモンが融けて来たら潰して飲むのがエエらしいです、

 なるほどflair、たしかに、

初めての店なのでちょいと上品に飲んでましたcoldsweats01

というか“潰して飲む”と云う発想が湧かなかったワタシがレアなんでしょう、普通潰しますよねsweat01

 

日本酒も揃っているようです、

今は“生酛造り”に拘った揃えになっているようです、

 

“生酛造り”って、最近流行ってます?

灘の酒も『酒は生酛で旨くなる』とか云うてますね、 

昔ながらの日本酒の醸しかた、ということで良いでしょうか、

 

お兄さんによると(たしか)島根発祥説のある造り方やそうです、 

この前、奈良に行ったら“菩提酛”つう造り方が再興されたと聞きましたが、そんな感じ?

あ、それはまたちょっと違うんです、

そうですか、日本酒造りはいろいろと難しいですなあwink

 

で、日本酒は飲んだことがない宮城の「田林」生もと純米380円也にします、

 一瞬、秋田?の「田人人」を連想させる名前だったのでこれにしました、

あら!写真ないです、話に夢中になって忘れたかheart03、、、

辛くて個性的、旨味があってガツンと主張もある好みのお酒でした、 

日本酒の肴は「秋刀魚のわた醤油和え」380円也、

032kai

さんまの身にわたが絡んでるんや、なるほど~flair

これはホンマに日本酒の肴ですな、

 料理はいちいち美味しいhappy01、これはもうなにを頼んでも間違いないいでしょうgood

 

これでお勘定にしました、

天満に出来た「あずき色のマーカス」、

料理間違いなし、店の雰囲気も由、店員のお二人もエエ感じ、

さすが「ジャックとマルチダ」の流れ、足腰がしっかりしています、

再訪間違いなし、次回は日本酒をしっかり飲みたいですね、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

sign03、店名の由来訊くのを忘れた~sweat02happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«なんばで人気の立ち飲み「赤垣屋」、なぜか未探訪でしたので、夏期集中講義と相成りました^^)